忍者ブログ

70年代・80年代洋楽懐古主義/ロック・ハードロック/女性ボーカル


  47 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35
K. JUNO ソロ&参加作
(「K. JUNO」と入っているもの以外は違うでよ~)

※amazonは勝手に売価を上げている事がありますのでご注意下さい。差額はamazonに入っており報告も無い為、管理できません。

長年の放置によりあちこちが古くなっとります。 現在、ボーカル教材作成中。 飽きて放置しなければ腹式呼吸~表現力の為の基礎を詰め込んだ最強のスパルタ教材が出来上がるでしょう~w
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Google Adsense
バーコード
ブログ本文検索
最新コメント
[04/12 しまっち]
[03/01 はと]
[02/24 しまっち]
マニアックな話
香港映画の砦 孟飛城
キュートな笑顔に長い足。扇子片手に華麗に舞う世紀の美形アクションスターメン・フェイ(リー・フォアマン)の人類最古にして最大のファンサイト。
最新トラックバック


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

期待している筈はないんだけれど、
「自称ボーカルトレーナー」のブログをのぞいてしまった。
頭痛.....
こんなの読んでんの???
ひどいな。
「共鳴」なんて言葉、最初から使ってんじゃねー馬鹿、て感じで。
ノド声だのハラ声だの、初心者が誤解するよなことバッカシ。
まぁ、自分もそうやって教わったんでしょうね。
♠ ♠ ♠ ♠ ♠
結論から言っていいんだろうか.....
日本にゃ、まともな指導者はいないし、
対面以外の方法で教わることはできません。
教わった気にはなれるけどね。
変なクセがついて直すの大変だから、
何もやらない方がマシっちゃあマシです。
本気でやるんならね。

日本人の歌がヘタなのは、プロがヘタだからです。
お手本としてのプロ、指導者、
それからそれをチェックする耳、
つまり、歌のプロじゃなくても、
出来上がった音楽全体としてモノが言える人のコトね、
み~~~んなナンチャッテ。

どんなに声がでかくとも、
綺麗に聞こえても、音程が外れていなくても、基礎の有無は分かります。
で、そんなの私には歌には聞こえない。
将来性でも何でもない。
「あ~あ、もったいない」
.....それだけなんで。
真面目な人ほど、ヒドイことになっちゃいますね。
とても可哀想です。

「歌が上手くなる」系のブログが人気なところを見ると、
上手くなりたい人は多いんですね。
不思議なことに、上手いどころか、まともに歌える人はいないですね。
こんなに需要があるのに、先生がいない。
ビジネスになるから数はあるけれど、ニセモノばかり。
本当に病んでいるとしか言えません。
若者の夢を食いモノにする、人間のクズと呼びたい。

残念ながら、生徒に先生の良し悪しが分かるケースは少ないです。
指導者のダメ出しができる位なら、習う必要ありませんから。
信頼のできる専門家に、
信頼のできる先生を紹介して貰う以外にないですね。
ベラボーに値が張るかも知れないし、運良くタダかも知れない。
多分、運だけです。
出逢えるかどうかもね。

生徒というのは忠誠心溢れるもので、
どんなに学校の先生の言うことを聞かない子でも、
習い事の先生は盲目的に信仰したりします。
いい先生だったらそれでピンポンなのですが、
歌の場合、そうである可能性は限りなくゼロに近いなぁ~~~、ははは。
だって、いないんだもん。
あまりの悲劇に笑うしかないんだけど。
先生自身も、ナンチャッテ指導者の自覚がなかったりするんで。

どんなに才能がない人でも、3ヶ月も真面目にやれば少しは上達します。
初心者なら尚、目覚ましく進歩するはず。
全く上手くならない、ましてやヘタになる、なんて場合は、
そもそも指導がヘタなのではなく、ニセモノです。
裸足で逃げましょう。
生徒のせいにするなどは論外です。
伸びない生徒は10分話せば分かるんだから、追い返しなさい。
それは「人の話を聞かない生徒」だけですけどね。
ちゃんと言うことを聞いている生徒を正しく導けないなんて、アリエナイです。
通信教育ならあり得ますケド。

本なんてヤメナサイ。
たとえ間違っていなくても、きっと意味が分からない。
私が読んで、「ああ、こういうコトが言いたいんだろうなぁ」程度なんで。
本で勉強しなくちゃいけないような人には理解できないし、
そんなのアタマで覚えても何の意味もありません。
先生に向かってウンチク垂れて「帰れ」と言われるのが関の山。

「歌の先生」は「歌の先生」であって、
編曲の先生や作曲家、他の楽器のプレイヤーが兼ねるものではありません。
専門分野なのです。
ついでに言えば、ボイトレと歌の勉強は違います。
「あー、この子、ボイトレに通ったな」
という歌手志望の人は、よくいます。
「あ~あ.....」
声の綺麗な人は歌が上達しない傾向にあるので、危険と言えば危険でもあります。
でも、カラオケが上達したと言われて嬉しいなら、それでもいいかも知れません。
プロの耳も、結構その程度です。
きっとプロになれるでしょう。
ライバルがどんぐりばっかりなので、簡単ではないですけどね。

まともな指導者がいないのには原因があるのですが、
ここで書いても、きっとつまらないでしょう。
私自身も、気に入った子以外を指導する気はないし。

絶望的なことを言うと、
日本の環境の「歌」が染みついた状態で、
いきなりアメリカに行ってもダメだと思います。
教え方の問題だと思いますが、ナンチャッテ街道まっしぐらです。
それでも、アメリカから帰ってきて「上手くなった」
ことになっている歌手は一杯いますけどね。
それで満足ならイイけど。
基礎が完璧なら、行けばいいと思います。

ノド、ハラばっかり言ってる先生は、ちょっとアヤシイです。
ノドハラはいいけど、ノド「声」って言うようじゃ絶対にダメ。
「ミミ」という先生なら、ちょっと可能性ありかもね。
いつまでも声を「出せだせ」言うのは、ボイトレなら仕方ないけど、
それを歌の指導だと思っているのはパスですね。

どう?
げんなり???
ハツラツ~?

とりあえず、いいものを聴くことですね♥
斬り捨てご免!
PR
□「[PR]歌が上手くなりたいですか?」にコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
「[PR]歌が上手くなりたいですか?」 へのトラックバック
「[PR]歌が上手くなりたいですか?」 にトラックバック:
K.JUNOロック別館TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.

AMAZON.CO.JP or 公式 SHOP

JUNO's ロックんロール パラダイす!(Official)
音楽blog ranking-洋楽 音楽blog ranking-ロック HR/HMblog ranking-ハードロック,メタル ブログ村-音楽 ranking-音楽 音楽ブログranking
すまんのぉ~ 順番に押してもらえんかの?
K.JUNO@facebook K.JUNO@新浪微博 K.JUNO@twitter K.JUNO@mixi

ネット署名可